敏感肌と美肌菌

「敏感肌」に悩んでいる人も多いことでしょう。
さまざまなスキンケアを行ってもなかなか改善しない…
そんな方は、ぜひ「美肌菌」について学んでみてはいかがでしょうか。

美肌菌は敏感肌にどんな働きが期待できるの?

ちょっとした刺激でも肌に赤みやかゆみが出てしまう敏感肌。この敏感肌にも美肌菌が関係しているといわれています。そこで、敏感肌とはどのようなものなのか、そして美肌菌は敏感肌に対してどのような働きが期待されているのかという点についてご紹介します。

敏感肌の概要

敏感肌は、外部からのちょっとした刺激を受けることでかゆみや赤みが生じてしまう肌のこと。これは、健康的な肌に備わっているバリア機能が弱まってしまうことで起きる症状とされています。人によってはヒリヒリ感が出てくることも。
敏感肌は顔のことだけではなく、体のどの部分でも起こる場合があります。その原因は乾燥や加齢、間違ったスキンケアなどが原因として考えられますが、さまざまな要因が絡み合って発生していることが多くみられるようです。

美肌菌の概要

美肌菌は、肌を弱酸性に保ってバリアを作り、悪玉菌が悪さをすることを防ぐ働きを持っているものです。その正体は「表皮ブドウ球菌」。角質層と呼ばれている肌の表面部分にあり、整っている角質層で増えるという特徴を持っています。
美肌菌は、高い保湿力を持つグリセリンに似た成分を作り出すことができるため、肌の水分を守ったり、悪玉菌が増加するのを防ぐことにより、肌荒れの少ない、潤いのある肌を保つのに一役買ってくれます。

敏感肌の乾燥に美肌菌が生み出す保湿成分がいい?

敏感肌の人の肌を調べてみると、健康な人の肌よりも美肌菌が少ない、といわれています。逆に美肌菌が多い人の肌は、水分量が多く赤みが低いということがわかっています。
敏感肌の原因として最も多いのは「乾燥」といわれていますので、美肌菌が少ないことにより肌の水分量が低下してしまって肌のバリア機能が低下してしまい、敏感肌につながっている可能性も考えられるのです。
美肌菌がたくさん存在していると、体から出た皮脂や汗を分解してグリセリンと呼ばれる物質を放出することができ、肌を乾燥から守ることができます。さらに、抗菌ペプチドを作り出して肌の悪玉菌の増加を防ぐといった働きを持っていることから、美肌菌が多いと肌のバリア機能を強化して敏感肌の原因を改善できると考えられます。
敏感肌を予防するには、まずは肌のバリア機能を健やかに保つことがポイント。美肌菌が悪玉菌よりも優勢な状態を保つことによって肌の潤いをしっかりと保つことができ、赤みやかゆみが出にくい肌を手に入れられると考えられています。

美肌菌と敏感肌の関係まとめ

ここまで、美肌菌と敏感肌の関係についてご紹介してきました。敏感肌の原因にはさまざまなものがありますが、やはり大きな原因となっているのが「肌の乾燥」といわれています。肌が乾燥することによって肌のバリア機能が弱まり、外部からの刺激を受けやすい肌になってしまうためです。
肌の乾燥を防ぐには、美肌菌の働きによって潤い成分を作りだし、乾燥しにくい肌をキープすることが大切。そのため、まずは美肌菌が悪玉菌よりも優勢な状態を保てる肌を作ることが必要といえるでしょう。このことにより肌のバリア機能も向上し、外からの刺激を受けにくい肌を生み出すことができると考えられます。
洗顔や食事など日々の生活に注意することによって美肌菌を増やすことが可能といわれていますので、敏感肌が気になっている方は、一度自分の日々の生活を見直してみることをおすすめします。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
運営メンバー
紹介
名前
肌フローラスペシャリスト
伊藤 麻利奈
名前
看護師
美容オタクライター
RIKO
名前
美肌菌トレ基礎化粧品
開発者
M・S