敏感肌の原因

多くの人を悩ませる敏感肌。
このページでは、敏感肌の主な原因と改善方法についてご紹介します。

敏感肌になる主な原因

敏感肌は、ちょっとした外部からの刺激でも肌に赤みやかゆみ、ヒリヒリ感などの症状が出てしまう状態のこと。多くの人を悩ませてしまう敏感肌になる原因はさまざまなものがあります。例えば乾燥によるものや年齢が原因となっているもの、そのほかにも生理周期などが原因になることも。また、生活習慣や自分が正しいと思っているスキンケアが敏感肌に繋がっているというケースもあります。
そこで、敏感肌になる主な原因をそれぞれご紹介。自分の敏感肌は何が原因なのか、思い当たる原因がないかどうか探ってみてはいかがでしょうか。

肌の乾燥によるもの

敏感肌の原因として最も多いといわれているのが「肌の乾燥」です。肌の乾燥は冬の寒い時期や季節の変わり目に起こりがち、というイメージがありますが、近年では夏にエアコンを使うことから暑い時期でも肌が乾燥してしまいます。
また、生活スタイルの変化やストレスなどが原因で肌が乾燥することもありますし、紫外線を浴びることで肌が乾燥してしまうケースも。このように、肌が乾燥するきっかけは季節を問わずさまざまなところに潜んでいますので、常日頃から肌の保湿に気をつける必要があるといえるでしょう。

加齢によるもの

加齢が敏感肌の原因となることもあります。歳を取るにつれて昔の化粧品が合わなくなってしまった、という場合は加齢が原因で敏感肌が引き起こされているかもしれません。歳を取ることによって肌の表皮や真皮は薄くなってしまいます。
さらに、コラーゲンやメラニン細胞の数も減ってしまうことにより、外部からのダメージにすぐに反応することに。そのため、昔と比べると少しの刺激でも赤みやかゆみが出やすくなってしまうのです。

間違ったスキンケア

お風呂上がりの保湿を怠ると肌が乾燥してしまい、敏感肌を引き起こす可能性があります。そのほかにも、自分の肌に合わない化粧品やスキンケア用品を使用していることによって肌がダメージを受けていることも。自分では良いと思って使用しているアイテムが実は敏感肌の原因になっているというケースも考えられます。
また、毎朝の洗顔で汚れを落とそうとしてゴシゴシと洗ってしまうのもNG。汚れが落ちるどころか肌の角質層にダメージを与え、より敏感肌を引き起こしてしまう原因に。

睡眠不足

「睡眠不足はお肌の大敵」といわれるように、睡眠が不足すると肌に悪い影響を及ぼすということを知っている方も多いでしょう。睡眠不足も敏感肌の原因になる場合があると考えられています。
睡眠不足が続いてしまうと、血液によって運ばれる栄養素や老廃物が滞り、良い角質を作ったり維持したりすることができなくなってしまいます。このような状態が続いてしまうと肌のバリア機能が低下してしまい、敏感肌につながると考えられています。

ストレスによるもの

ストレスを感じると、健康面にさまざまな影響を及ぼします。もちろん肌も例外ではなく、ストレスは肌のバリア機能にも影響を与えると考えられています。これは、ストレスを感じることにより脳内で分泌されたストレス物質によって神経系や内分泌系、免疫系に影響を与えるため。
そのため、ストレスを多く感じている人の場合は肌に影響が出てしまうこともありますので、ストレスを軽減できるようにライフスタイルの見直しを行ったり、趣味などに没頭できる時間を作ることも大切です。

生理周期によるもの

女性の場合、生理周期によって肌が影響を受けることもあります。体内の内分泌系ホルモンの影響が肌に影響を与えるためです。特に生理前の期間には肌のバリア機能が低下してしまい、ニキビが発生しやすくなることも。
この時期にニキビができたからといってスキンケア用品を変えたりしてしまうと、余計肌に負担をかける場合があります。そのため、肌が不安定な時期には可能な限り肌に負担をかけないように過ごすようにすると良いでしょう。

敏感肌を改善する方法とは?

敏感肌になってしまったと感じたら、まずは自分で解決できるレベルのトラブルなのかを判断することが大切です。例えば我慢できないレベルのかゆみを感じたり、全身に赤みやかゆみ・ヒリヒリ感が広がるようであれば医療機関の受診を検討しましょう。
また、ひどい症状が見られるわけではなく、ちょっとした赤みやかゆみ程度の場合には、刺激が少ないアイテムでのケアを行うことで症状が落ち着く場合もあるでしょう。ただし、新しいスキンケア用品を使う場合には、肌に合うかどうかをしっかりと確認しましょう。サンプルやトライアルキットなどを使用して、問題なさそうであることをチェックしてくださいね。
また、刺激の少ないアイテムを選んだとしても正しい使い方をしなければ意図しない影響が出てしまう可能性もあります。そのため、使用法や使用量をしっかりと守りながら正しくスキンケアをしていきましょう。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
運営メンバー
紹介
名前
肌フローラスペシャリスト
伊藤 麻利奈
名前
看護師
美容オタクライター
RIKO
名前
美肌菌トレ基礎化粧品
開発者
M・S