マスクを外すと顔がつっぱる!原因と対策は?

マスクで顔がつっぱる原因

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、私たちは、マスクをしたままで日常を過ごすことが多くなりました。当初は、日々のマスク生活に息苦しさを感じる人も多かったのではないでしょうか?でも、時間とともに少しずつ慣れてきた、という方も多いことでしょう。
ところで、マスクを着用する時間が多くなるにつれ、口周りの肌に不調を感じることが多くなってきた、という声を聞くことが多くなってきました。マスクの中で息をしていると、口周りは保湿されているようにも感じるのですが、それにもかかわらず、顔がつっぱるような感覚になったり、ニキビが増えてきたりしている人がいる、との声です。
なぜ、マスク着用で肌トラブルが増えているのでしょう?そもそも、それらの肌トラブルは、本当にマスクが原因なのでしょうか?
結論から言うと、マスクが要因で肌トラブルが起こることは、ありえます。顔がつっぱることが増えてきたことも、ニキビが増えてきたことも、大なり小なり日々のマスク生活が影響していると考えて良いでしょう。

顔がつっぱるのは乾燥によるもの

マスクをしていると、息に含まれている水蒸気がマスク内に広がり、口周り全体が保湿されているような感覚になります。
確かに、マスクをしているときの肌は水蒸気で保湿されているのですが、マスクを外した瞬間、肌表面の水分が一気に蒸発。みるみる肌の乾燥が進んでしまいます。
たとえば、お風呂に入っているときの肌は浴室の湯気で保湿されている状態ですが、浴室から出た瞬間、肌がみるみる乾燥していくのを感じますよね?すぐに化粧水などでお手入れをしなければ、お風呂から出て1分もたたないうちに、顔がつっぱったような感じになります。
マスクを外したときに顔がつっぱったような感じになる理由も、お風呂上りと同じ。水蒸気でたくわえられた肌の水分が、マスクを外した瞬間、一気に蒸発するため、肌がつっぱったような感覚になるのです。
ちなみに肌の乾燥は、シワや湿疹、肌荒れ、ニキビなどの主要な原因。コロナ以降、マスクの着用が日常化している以上、お肌の保湿ケアは一層しっかりと行わなければなりません。

マスクで顔がつっぱるのを防ぐ方法

顔がつっぱるのが嫌だからと言って、マスク未着用のままで過ごすわけにはいきません。恐らく、新型コロナウイルスが脅威でなくなるころには、マスクを外せるようになるかもしれませんが、その日が来るまで私たちはマスクを着用しての生活が続いていくことでしょう。
そうである以上、スキンケアの視点から考えれば、マスクを着用し続けても顔がつっぱらない方法(=マスクを外しても肌が乾燥しない方法)を実践する必要があります。果たして、マスクをしても肌が乾燥しない方法などあるのでしょうか?
難しく考える必要はありません。というのも、マスクをしているときでもマスクをしていないときでも、基本的に、肌の乾燥を防ぐ方法は同じだからです。息の水蒸気に頼るのではなく、普段通り、化粧水や乳液、クリームなどを使って、マスクの下の肌もしっかりとケアするようにしましょう。
加えて、顔の肌にやさしい素材のマスクを選ぶことも、顔のつっぱりを予防する有効な方法の一つ。保湿クリーム等を丁寧に塗ったうえで、肌にやさしい素材のマスクをつけて過ごしましょう。

クリームで肌を守る

「マスクの中の水蒸気で保湿されているような感じがするから」、「マスクの内側の素材にクリームがついてしまうのが嫌だから」などの理由で、顔の保湿ケアが不十分になっている人がいるようです。
すでに説明した通り、マスクの中の水蒸気は、マスクを外した瞬間に一気になくなるため、肌の乾燥は急速に進みます。水蒸気に頼る保湿法は、考えないほうが良いでしょう。
また、クリーム等がマスクの内側に付着してしまうのが嫌だ、という気持ちはよく分かりますが、肌の乾燥を防ぐためには、それ以外に方法がないことも理解してください。
どうしてもクリームなどが気になるならば、マスクの内側に交換可能なガーゼを一枚入れておきましょう。時々、内側のガーゼを交換すれば、クリームなども気にならなくなります。
おすすめの保湿ケアアイテムは、ヘパリン類似物質を含んだクリームか、または王道のワセリン。ワセリンそのものでも良いのですが、ニオイや使用感に抵抗のある方は、ワセリン配合のクリームを使用しても良いでしょう。
なお、クリームを塗ってからマスクをすれば、マスクの摩擦から肌を守ることもできるので一石二鳥です。

顔にやさしい素材のマスクを使う

マスクの素材や種類の違いで新型コロナウイルスの感染予防効果が異なる、との情報がマスコミを通じて大々的に報道されました。
報道によると、各種のマスクの中でも、特に不織布マスクの感染予防効果が高いとのこと。この情報を根拠に、中には不織布マスクではないマスクを着用している人に対し、強い拒絶反応や過激な言葉を発する人も出たようです。
マスクの種類による感染予防効果の違いをどのように解釈し、どのように行動するかは人それぞれ。マスク生活が長引く以上、「自分がもっともストレスを感じない種類のマスクをつけるべき」と提唱する専門家もいます。
では、肌の乾燥対策・肌トラブル対策の視点に立った場合、どの種類のマスクが推奨されるのでしょうか?
答えは、ガーゼマスクになるでしょう。化学繊維で作られている不織布マスクとは異なり、ガーゼマスクは肌にやさしい天然素材です。加えて、不織布マスクよりも気密性が低く生地自体に吸湿性があるので、肌荒れが起こりにくいことも特徴です。
マスクによる肌トラブルが気になる人は、ガーゼマスクに注目してみましょう。

乾燥はニキビの原因にもなる?

ニキビと言えば、高校生や大学生などの若い年齢層の象徴のようなイメージですね。若い人たちのニキビはTゾーンを中心に現れることが多いので、そこから「ニキビはオイリー肌に出やすい」と連想する人も少なくありません。
確かに、若い人たちのニキビ(=思春期ニキビ)は、顔のオイリーな部分に出やすいもの。ところが逆に、いわゆる大人ニキビは、オイリーな部分ではなく乾燥しやすい部分に出やすいことを覚えておきましょう。頬や口周り、アゴなどですね。
乾燥しやすい部分にニキビが出やすいということは、マスクの下のお肌をしっかりとケアしていなければ、乾燥が進んでニキビが出やすくなるということ。新型コロナウイルス対策としてマスクを着用する生活が続いている間は、ニキビ予防の視点からも、しっかりと保湿ケアをすることが大事でsy。化粧水や乳液、クリームなどを使って保湿ケアをすることはもとより、当サイトのメインテーマでもある美肌菌(表皮ブドウ球菌)の知識も駆使し、しっかりとお肌をケアしていきましょう。

おすすめのスキンケア方法

ここまでで説明した通り、肌の乾燥を防いで肌トラブルを予防するためには、化粧水や乳液、クリームなどでしっかりと肌を保湿することが大事。マスクを着用しているときでも着用していないときでも、ぜひこれらの美肌アイテムを駆使して、肌の乾燥予防を図ってください。
加えて、より効率的な保湿効果が期待できる方法として、美肌菌に関する知識を活用することもおすすめです。
美肌菌の正式名称は「表皮ブドウ球菌」。肌を弱酸性に保って理想的な状態をキープさせるとともに、良好な保湿効果も期待できるなど、美肌ケア女子にとっては欠かせない存在です。
ちなみに、肌には美肌菌の働きを邪魔する別の種類の菌も常在しているため、肌トラブルを予防して理想的な状態をキープするためには、他の菌よりも美肌菌を優位な状態にさせておくことが必要です。
まだまだマスク生活が続くことが予想される以上、肌を良好な状態に保つため、美肌菌を増やすことを目指したケアアイテム、食習慣、ライフスタイルなどを意識してみてくださいね。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
運営メンバー
紹介
名前
肌フローラスペシャリスト
伊藤 麻利奈
名前
看護師
美容オタクライター
RIKO
名前
美肌菌トレ基礎化粧品
開発者
M・S
初回
限定
美肌菌に着目したスキンケアシリーズ
2,070 (税込)