混合肌と美肌菌

ベタつきとかさつきの2つの悩みを抱える「混合肌」。
この記事では、この混合肌と美肌菌にはどのような関係があるのかをご紹介します。

美肌菌は混合肌にどんな働きが期待できるの?

肌悩みがひとつだけではなく、ベタついている部分とカサついている部分がある、いわゆる「混合肌」で日々悩んでいる方もいることでしょう。そこでこの記事では、混合肌とはどのようなものなのか、そして美肌菌は混合肌に対してどのよう働きが期待できるのかということについてご紹介します。
この記事を読むことによって自分の肌悩みについて知り、その悩みを改善できるきっかけをつかめるかもしれません。美肌菌とはどのような働きを持った菌なのか、という点にも簡単に説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

混合肌の概要

「混合肌」とは、乾燥肌と脂性肌が混在しているお肌のこと。例えばTラインはべたつくのに、頬はかさついている…といった場合は混合肌のサインが出ているということです。これは、皮脂や汗の分泌量が顔の部分によって差がある状態。
肌のバリア機能が弱まっているために、ニキビや吹き出物が出やすい肌になっているため、まずはこれ以上混合肌が進行しないようにケアしてあげる必要があります。ただし、どこか一部分に着目したケアを行ってしまうと、さらに複雑な肌質になってしまうため、肌全体にうるおいを与えることが大切になってきます。

美肌菌の概要

美肌菌とは「表皮ブドウ球菌」のことで、肌に存在する菌のひとつ。これは美肌づくりに欠かせない役割を持つものです。
その役割とは、汗や皮脂をもとに「グリセリン」と呼ばれる保湿成分を放出すること。さらにグリセリンとともに有機酸や脂肪酸と呼ばれる酸を放出することによって、肌を弱酸性の状態に保ちます。弱酸性の肌の上では、肌トラブルの原因となる悪玉菌は増えることができないため、健やかな肌作りに繋げられます。
また、美肌菌は抗菌ペプチドと呼ばれる成分を作り出し、肌の上にいる悪玉菌を退治するという働きも持っています。

混合肌の乾燥に美肌菌が作り出す保湿成分がいい?

混合肌は部分によって乾燥したりベタついたり…と状態が異なるため、スキンケア方法を迷ってしまいがちです。しかし、乾燥している部分にもオイリーな部分にも共通して大切なのが「しっかりと保湿する」いう点であるとされています。
肌のバリア機能が低下している状態なので、まずは肌にうるおいを与えてあげることが必要。そのため、美肌菌を増やすためのケアを行うことにより保湿成分を作り出し、うるおいのある肌を作ることからはじめると良いでしょう。美肌菌を増やすためには、肌に優しい洗顔方法を行ったり、美肌菌を増やすとされる基礎化粧品を使用したりするなどさまざまな方法がありますので、自分ができるところから実践していくことをおすすめします。

美肌菌と混合肌の関係まとめ

この記事では、美肌菌と混合肌の関係について説明してきました。混合肌の最も大きな原因は乾燥(インナードライ)といわれています。ベタついている部分でも実は乾燥している、ということがあるため、うるおいを意識したケアしてあげることが大切。日ごろの生活やスキンケア方法を見直すことによって美肌菌を増やし、保湿成分を作り出して肌にうるおいを与えるように心がけると良いでしょう。
Tゾーンだけテカってしまう、洗顔後は突っ張るのに日中はべたつくといったような混合肌の悩みを抱えている方は、ぜひ美肌菌を意識したスキンケアを行ってみてはいかがでしょうか。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
運営メンバー
紹介
名前
肌フローラスペシャリスト
伊藤 麻利奈
名前
看護師
美容オタクライター
RIKO
名前
美肌菌トレ基礎化粧品
開発者
M・S