年齢肌の原因と対策

加齢によって引き起こされる年齢肌。
実はさまざまな要因があることをご存知でしょうか。
この記事では、年齢肌になってしまう主な原因と改善方法についてご紹介します。

年齢肌になる主な原因

年齢を重ねることで感じる「年齢肌」。もちろん加齢も年齢肌の原因のひとつではありますが、そのほかにも年齢肌を引き起こす要因はさまざまなものがあります。例えばターンオーバーの乱れや紫外線、間違ったスキンケア方法など、もしかすると心当たりがある方もいるのではないでしょうか。
ここでは、年齢肌になってしまう主な原因と改善方法をご紹介。肌悩みを抱えている方はこの記事の内容を参考にして、健やかな肌を手に入れるヒントを探ってみてくださいね。

肌のターンオーバーの乱れ

年齢肌の原因として、肌のターンオーバーの乱れが挙げられます。これは、肌の細胞が生まれ変わるサイクルが乱れてしまうということ。個人差はあるものの通常はおよそ28日周期ですが、40代になるとおよそ40日周期となるように、年齢とともに生まれ変わる速度は遅くなっていきます。
このようにターンオーバーの速度が遅くなると、肌が新しく生まれ変わることができずに古い細胞がいつまでも肌に居座るため、シミが増えたりくすみが出てくるなど、さまざまな肌悩みが起こってきます。

肌のうるおい不足

年齢にかかわらず、肌のうるおいが不足してしまうとシワやたるみ、シミができやすい肌になってしまいます。
そもそも、健やかな肌は水分と油分のバランスが整っていることが特徴です。肌内部がうるおうことによってふっくらするため、シワやたるみが目立ちません。しかし、年齢を重ねることによって肌が水分を保持する力が減少してしまうため肌の乾燥が進行。シワやたるみといった肌の悩みが目立ちやすい肌になってしまうのです。

顔の筋力低下

年齢を重ねた肌は、特にたるみが気になるという方もいることでしょう。たるみを引き起こす原因としては、顔の筋力の低下も関係しています。歳を重ねることにより体の筋力が衰えていくように、顔の筋力もそれは同じこと。表情筋が衰えてしまうことによって皮膚を支えられなくなり、だんだんと肌のたるみが起きてしまうのです。
歳をとるにつれてどうしても筋力が衰えていくものの、日常的に表情筋をしっかりと動かすことによって、たるみを防ぐことができるでしょう。

紫外線

肌が老化してしまう原因として、紫外線も大きいといわれています。これはいわゆる「光老化」といわれているもので、紫外線を浴びることによってシワやたるみ、シミを引き起こすことになります。
紫外線には種類があります。その中でもUVAとUVBの2種類が肌に影響を与えるとされており、UVAはシワやたるみの原因に、UVBは主にシミの原因に。そのため、紫外線対策をしっかりと行うことも肌の老化を防ぐことにつながるのです。

間違ったスキンケア

毎日行っているスキンケア方法が間違っている場合も、年齢を感じる肌の原因となることがあります。例えば顔を洗うときにゴシゴシこすっている、ピーリングのしすぎ、1日に何度も顔を洗っているなど、肌に良いと思ってやっていることが実は肌に負担をかけてしまうことで肌の老化を早めている可能性も。
美しい肌を作るにはスキンケアが必須ですが、やりすぎは禁物。また、合成界面活性剤が含まれたクレンジングや洗顔フォームを使用していると、肌の乾燥につながってしまい肌の老化を促進する場合があります。

肌組織を形成する成分の減少

年齢を重ねた肌は、コラーゲンやエラスチンといった肌組織を形成する成分が減少していきます。真皮ではコラーゲンとエラスチンが規則的に配置されている状態ですが、その間をヒアルロン酸などで満たされることにより、弾力と柔軟性のある肌になっています。
コラーゲンやエラスチンが減ると、水分を保持してくれるヒアルロン酸も減少してしまい、肌のうるおいが激減。真皮層でこのような変化が起きてしまうと、シワや肌の乾燥が起こり、年齢を感じる肌になってしまいます。

年齢肌を改善する方法とは?

早い人では20代のうちから年齢肌を感じ始めるといわれています。例えば小じわやシミなどの「エイジングサイン」がで始めたことに気がついたら、自分に合ったケアを始めましょう。
まずは、正しいスキンケア方法を身につけることが大切。まずは自分のスキンケア方法の中で、肌の刺激となっている習慣がないかどうかをチェックしましょう。肌に良いと思ってやっているケアが実は肌に負担をかけている可能性もあります。例えば洗顔時にゴシゴシとこすってしまっている場合にはたっぷりの泡を使って優しく洗う、ピーリングを頻繁に行っているのであれば回数を減らすといったことが挙げられます。
また、紫外線も肌に影響しますので、季節を問わず特に紫外線対策に気を使うことも大切です。日焼け止めや帽子などを上手に使用してくださいね。
さらに、悪い生活習慣が年齢肌に繋がっていることもあります。食生活や睡眠時間、運動習慣など、いつもの自分の生活を振り返ってみて、規則正しい生活を送ることも健やかな肌を手に入れるポイントといえます。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
運営メンバー
紹介
名前
肌フローラスペシャリスト
伊藤 麻利奈
名前
看護師
美容オタクライター
RIKO
名前
美肌菌トレ基礎化粧品
開発者
M・S