30代からのしみ予防と対策

30代をすぎたあたりから、しみが急に出てくることってありますよね。

女性は特にホルモンバランスの崩れが起き始める年齢のため、この頃にしみの悩みが一気に増えます。

しみができるメカニズムと、その原因を理解することで、自分のしみのタイプを知り、正しいケアをしていくことが大切です。

お肌をキレイにしてくれる、常在菌=美肌菌は最も身近にいる私たちの味方。しみの予防に重要な役割を担っています。

RIKOさん
RIKOさん
看護師&
美容オタクライター
RIKO

看護師、保健師、スキンケアアドバイザー資格を保有し、メディカルエステサロン代表、メディカルアートメイクサロン経営を行なう。座右の銘は「素肌美人」。

しみの原因

しみのイメージ

しみの正体はメラニン色素とよばれるもので、このメラニンが黒く見えるところがしみといわれています。

メラニンが発生する大きな原因は、紫外線です。紫外線に当たると、人間の皮膚は身体を守ろうとしてメラニンが活性化されるから。一時的に増えたメラニンが黒いフィルターの役割をして肌を守ってくれます。この状態が日焼けです。

通常は肌のターンオーバーによって剥がれ落ち、自然に色は戻りますが、1か所に集中して滞るとしみになってしまうのです。

肌を強くこするなど、何かしらの外的刺激が加わることによっても同じ現象が起きます。

強い刺激を受けることで、人間の身体は「細胞が破壊されてしまう!」と思い、メラニンをたくさん作ることによって肌を守ろうとします。

このように、しみは日常生活をしている限りは避けられない生理的現象なのです。

美肌菌を増やせば
30代のしみも防げる!?

しみの原因となるメラニン色素は、本来紫外線や摩擦などの強い刺激から私たちを守るために作られる大切な物質です。

人間の身体の生理的現象なので、メラニン自体を抑制することは難しいのですが、肌を守るために自分でできることはあります。

しみの原因となる刺激を最初に受けるのは、美肌菌=表皮ブドウ球菌のいる表皮の外側です。

この表皮では、美肌菌たちが傷ついた肌を弱酸性に戻して潤い成分を作り、肌を修復しようと必死で働いてくれています。

また、美肌菌は肌のターンオーバーを助けて新しい皮膚に再生するのを促進してくれるため、炎症後に色素沈着などで、できてしまったしみを早く改善させる作用もあります。

つまり、美肌菌を増やして肌の修復能力をアップさせることは、しみの予防と対策には非常に重要であるということです。

外からの刺激を直に受ける表皮の層で美肌菌を育てていくことは、しみの予防をすることそのものであり、私たちができる対策としてかなり効果的であることがわかりますね。

化粧品で薄くできる
しみもある

しみの種類によっては美白系の化粧品で薄くできる可能性のあるものと、ないものがあります。それぞれ予防や対策が異なるため、間違ったケアをしないことが大切です。

肝斑には、ビタミンCやトラネキサム酸の内服が有効とされています。

軽度なものは、トラネキサム酸入りの美白化粧品を使ったり、ピーリングと並行して行うと効果が表れやすいでしょう。老人性色素班も、初期のごく薄いものに関しては美白化粧品やピーリングなどが有効です。

しかし、定着したものにはあまり効果がみられません。まずはUVケアや抗酸化、抗炎症ケアなどで予防することが一番です。

レーザー治療も有効ですが、治療後は肌のバリア機能が剥がれているため、その上に紫外線が当たるとさらに悪化してしまう可能性があるため、注意が必要です。炎症性色素沈着は美白系化粧品の効果が出やすく、ピーリングも有効です。

化粧品で薄くできないものは、雀卵斑です。遺伝的要素が強い雀卵斑は、レーザーやフォトフェイシャル治療が有効な場合もありますが、再発する可能性もあります。

それぞれのしみの種類については、この下でご紹介します。

老人性色素班(日光黒子)

最もポピュラーなしみがこのタイプ。

名前が老人性となっていますが、紫外線を浴びることによって蓄積されたメラニンが皮膚表面に出現することから加齢に伴うものとされ、この名前がついています。

早い人では20~30代からできることもあります。紫外線の当たりやすい頬骨の高いところやこめかみ、手の甲にできやすいです。茶褐色で輪郭がはっきりとしています。

肝斑

30代からできやすく、30~40代に多いしみです。日本人の約8割以上の女性に発生するといわれています。

ホルモンバランスの崩れてくる年齢から、多くの女性の悩みとして代表的なものです。そのため、閉経後に薄くなることがほとんどです。

頬骨のあたりに左右対称にできる淡いモヤモヤとした褐色や灰色のしみで、額や口の周りに広がることもあります。

そばかす(雀卵斑)

遺伝的傾向が強く、鼻から頬にかけてできるそばがらを砕いたような形の小さな黒い斑点です。紫外線により数が増えたり濃くなったりします。

10代から現れ始めますが、思春期以降、次第に減少する傾向にあります。

炎症性色素沈着

ニキビや擦り傷、皮膚炎、虫刺されの跡など、炎症が起こった後に茶色くしみになったものです。

ニキビができやすい頬やあごにできやすく、通常であれば徐々に薄くなっていきますが、人によっては消えないこともあります。紫外線によって悪化する場合もあります。

主に顔にできるしみの種類はこれくらいですが、他にも花弁状色素班という、日焼け後に肩や背中にかけて起きやすいしみなどがあります。

専門家コメント
Expert comment
M・Sさん
M・Sさん
菌トレ(菌活)
基礎化粧品開発者
M・S

わたしは本当にしみができやすくて、小学生のころからしみとの闘いは始まっていました(笑)。
20代のころは美白化粧品がメインで、それでもよかったのですが、30代に入って、しみの対策はそれでよくても、疲れた日の翌日の肌や、睡眠不足の肌、毎日をすごしていて、「あ、20代とは違う」という肌の日が増えてきました。
そんなときにたどり着いたのが『美肌菌』です。どんな人にもいて、肌本来の力を高めてくれる、頼もしい存在です。菌トレを意識してからというもの、お肌の調子が安定していますし、しみもできにくく、ニキビも治りやすくなったと思います!

Profile

30代に入り今までのスキンケアではダメだと感じ、菌トレ基礎化粧品「SiNTO」を自ら開発した生粋の美容マニア。同じ年代の女性に、菌トレの良さを広めたいと思っている。

Mさんが開発した
SiNTO公式サイト

青木 皐
青木 皐
菌の研究家
青木 皐

しみを防ぐために美肌菌を増やしたいなら、電車の中でスマホを見ている時間を有効に使いましょう!
手を動かしたり、指先でもう片方の手の甲や指先をトントントンとマッサージする。パソコンを叩くときの動きで、もっと優しく、でも早くトントンと叩いてあげると、叩いている手も、叩かれている手も血行がよくなり、体温が上がって、菌が住みやすい環境になります。
本当は顔も変顔をすると血行がよくなっていいのですが、さすがにそれは外ではできないので、お風呂でやりましょう(笑)。

菌子ちゃんの美人法
Profile

医学博士、(株)コントロール・ラボ 相談役。昆虫・微生物学の研究に従事後、1990年に株式会社コントロール・ラボを設立。
「人体常在菌のはなし 美人は菌でつくられる」(集英社新書)「菌子ちゃんの美人法」(WAVE出版)など、人体常在菌に関する本を多数出版。

  • facebook
  • twitter
  • LINE
運営メンバー
紹介
名前
肌フローラスペシャリスト
伊藤 麻利奈
名前
看護師
美容オタクライター
RIKO
名前
美肌菌トレ基礎化粧品
開発者
M・S